教育

豊かなコミュニケーションが育まれると、子どもたちの関係と学びが充実します。
そのポイントは先生と子どもたちがファシリテーターになること。

子どもたちがホワイトボード・ミーティング®のファシリテーターに成長すると、教室に承認しあう関係が育ちます。自尊感情が高まり、他者への理解が進むので、トラブルも自分たちの力で解決できるようになります。練習を積み重ねると、教科を問わず自立的、能動的な探究型の学び方が身について、毎日の授業がドキドキワクワク楽しくなります。ソーシャルスキルトレーニングとしても有効です。

研修テーマの例

ご要望に応じてプログラム開発をいたします。お気軽にご相談ください。
1 幸せな子ども時代のために。信頼ベースの学級ファシリテーション入門
2 授業や学級活動に活かせるミニホワイトボードの使い方
3 ホワイトボード・ミーティング®を活用したアクティブラーニングの進め方
4 ホワイトボード・ミーティング®を活用した子どもたちの自尊感情を高める集団づくり
5 親子のコミュニケーションを深めるヒントとコツ
6 学年会議、教科会議が充実する!ホワイトボード・ミーティング®入門
7 学校マネジメントが効果的になる。OJT、メンターの進め方
8 効果的な支援を進めるホワイトボードケース会議講座

【論文】可視化・共有・ファシリテーションを合言葉にしたチャレンジを通して(徳島県美馬市立穴吹中学校)

徳島県美馬市立穴吹中学校では先生と生徒がファシリテーターになり、日々の授業や会議を進めています。その実践について「社会の一員として、自立して・社会に役立ち・幸せに生きるための基盤づくり ~可視化・共有・ファシリテーション […]

【論文】「小学校英語指導におけるファシリテーション技術を取り入れた協同的な活動の開発」

上越教育大学『研究紀要 第41巻第1号』に「小学校英語指導におけるファシリテーション技術を取り入れた協同的な活動の開発」(大場浩正・高井季代子・井口元貴・金澤直哉)として、ホワイトボード・ミーティング®︎を校内研究や授業 […]

31

【紹介】「教職研修」2020年11月号に記事を執筆

「特集「個人で、学校全体で取り組むべき『時短』」 「教職研修」2020年11月号に代表のちょんせいこが記事を執筆しました。横山弘美さん(東京都小学校主幹教諭)の会議の効果を高める時短術として(1)職員会議(2)運営委員会 […]

【報告】仙台でベーシックセミナーを開催しました(2020年7月)

ホワイトボード・ミーティング®の基礎を学ぶベーシックセミナー。新型コロナウィルスの感染対策を施しながら、仙台市中小企業活性化センターにて開催されました。2020年7月5日、12日、18日の3日間のコースで、主催は仙台を拠 […]

【参考】ホワイトボード・ミーティング®の学び方

  ご覧いただき、ありがとうございます! ここでは、ホワイトボード・ミーティング®学び方をご紹介します。     ①まずは、気軽に体験してみたい <気軽な勉強会> 気軽にホワイト […]

【書籍】「なってみる学び ―演劇的手法で変わる授業と学校」を推薦します

「なってみる学び ―演劇的手法で変わる授業と学校」(渡辺貴裕・藤原由香里・時事通信社)から出版されます。授業や校内研修、公開研究発表会に演劇的手法を取りいれて先生と子どもたちが共に学びあった足跡がまとめられています。主体 […]

【報告】小学生対象「親子でホワイトボード・ミーティング®」を開催

2020年8月22日、小学生を対象とした「親子でホワイトボード・ミーティング®」を開催。16組の親子にご参加いただきました。この日のゴールは「親子で楽しい企画を考える」。シンプルなファシリテーターレッスンをした後は、親子 […]

【報告】特別支援教育×ホワイトボード・ミーティング®セミナー がスタートしました

全6回「特別支援教育×ホワイトボード・ミーティング®」の第1回オンラインセミナー が8月16日にスタートしました。全国から約30人の方が参加。特別支援教育におけるホワイトボード・ミーティング®の可能性と具体的な方法を共有 […]

【記事】「プレジデントウーマンオンライン」に掲載されました

プレジデントウーマンオンライン に2020年6月29日、30日にわたり、弊社代表のちょんせいこの取材記事が掲載されました。同時にyahoo!ニュースやlivedoorニュースにも取り上げられ、多くの方にご覧いただきました […]

【資料】オンライン ファシリテーター ・サイドワーカー になろう

新型コロナウィルス対策で、学びや会議のオンライン化が進んでいます。離れていても、私たちは豊かな対話と議論でつながれる。社会を前へと進めていける。そんな思いを込めて、ちょんせいこ(株式会社ひとまち代表)と高田康代(めぐるデ […]