少子化・人口減少に対応した活力ある学校教育推進事業

tokushima

平成28年から3年間、岩瀬直樹さん(東京学芸大学教職大学院准教授)と共にちょんせいこ(弊社代表)が、徳島市入田小学校における「少子化・人口減少に対応した活力ある学校教育推進事業」(文科省)のアドバイザーをつとめます。9月13日は、小中学校でのホワイトボード・ミーティングのや対話型絵本の読み聞かせと集団遊びゲームの授業、放課後の職員研修、夜の地域ワークショップなど「チーム入田」のみなさまと対話を深め、楽しく学びあうフル活動の1日でした。